PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

犬に使える時間

「時は金に変えられず」時間と言うのはお金に変えられないほど貴重でると言う意味でありますが
日々忙しく生きている人が犬と暮らす場合のお話です。

犬は人間である飼い主が居なければ暮らす事生きる事が出来ない家畜動物となります。
ですから、犬にとっても飼い主が「稼がなければ」食事を初めとする生きるために必要な物が
与えられません。
その為、飼い主は仕事をします。
仕事をすれば、多かれ少なかれ一定時間の拘束があります。自営業であったとしても同じです。
その間は、犬は留守番となる訳で、ボスが存在しなくなります。

飼い主が一人ではない場合、旦那さん、奥さん、子供 、お爺ちゃん、御婆ちゃん、同居人 etc
状況によっては留守番が殆どなかったり、時間が短かったりすることも可能です。
よって、一人で飼うよりは二人で飼った方が犬と接する時間、管理監視する時間が増える利点があります。

留守番が可哀想だと言う話ではなく、管理の面から考えると
目を離している時に何かあったら?と言う事を考えると、何かあった時の対応が圧倒的違うと言う事です。

犬が若く元気な内は良いですが、一人暮らしの人間が外で働きに行き、長時間の留守番をしている状態で
犬が老齢になった時を考えると、不安材料のデパートだとは思いませんか?
犬が元気な内から何かしらの対応策を考えるべきです。

そして、忙しく暮らす中でも犬の存在がとても大切であるなら、
再度、今の暮らしに目を向けて、犬対する時間をもっと取る事が出来ないか?考えてみて下さい。

子供が居るご家庭は、知らず知らずの内に犬はさておき子供が第一優先になってしまいます。
犬の躾けが出来てないと悩みつつ、自分は趣味の事や習い事にたっぷり時間を費やしている。

そして、なんだかんだと疲れてしまって家に帰ると可愛い愛犬が癒してくれると満足します。

犬に与えてもらっている物と自分が与えて居るものとのバランスは取れていますか?
ついつい、与えてもらいっぱなし、あわせてもらいっぱなし、常に自分の都合だけ、
それでいて、日々長時間の留守番をしている犬を時々連れて行く
ドッグランで(教えてもいないこと)言う事を聞いてくれないとイライラして怒ったりしてませんか?

本来、犬を飼うべきではない生活リズムの人が犬と暮らしてしまうと
平日は仕事で殆ど犬と向き合うことはなく、それが申し訳ないという気持ちになり
休みになると、やりすぎなぐらい連れ回して、多少、言う事を聞かなくても、懺悔の気持ちから
「こんな日ぐらいは良いじゃん」と自分に言い聞かせて犬の空き放題にさせる。
こんな生活リズムを繰り返して来た犬は出かけた時に異常な興奮をしたり、何時もよりも
人や犬が多いと寝ない程興奮したりする癖がつきやすくなります。

それでも、飼い主は一緒に行動する事を美徳と勘違いして、興奮している犬を
旅行やペンションに連れまわし、犬は宿泊先で何時も以上に吠えたり寝なかったりします。

犬は少しの刺激と何時もと同じ生活を好む生き物です。
そして、長く付いた週間が根付きやすい生き物ですので、自分の生活リズムや
仕事の忙しさ、家族構成、を考慮して、犬を飼うかどうかを検討するべきです。
そして、犬を迎え入れたのであるなら、最低限の犬に使う時間を確保して下さい。

そうでなくては、飼い主は犬が来て楽しく幸せであっても、その飼い主に飼われた犬はどうなんでしょう?

何時もの言葉になりますが。。。
自分が犬だったらそんな飼い主嫌だなぁ。


関連記事

| 未分類 | 20:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。