PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

犬を飼うなら

しつこいぐらいに躾けの話の続きを・・・(笑)

まず、犬を飼う場合の最重要事項は、とりあえず「他所に迷惑をかけない」と言う事である。
他所というのは人はもちろん、場所や他人の飼ってる犬も含めてです。

そう思うと日本はペットブームであるにも関わらず犬が嫌いな人間が多い事を頭に入れなくてはなりません。
ドイツを初めとする本来見習うべきペット先進国ですが、日本が真似のするには幾つかクリアしないと
お話にならない部分があります。

大きく違う部分をあげていきましょう。

まずは、人間の問題です。犬に関する知識が圧倒的に違います。
下手な日本人の大人より、あちらの国の子供の方が扱いが上手だと言うこと。

そして、そもそもの先天的犬の賢さが違うということ。
これは管理された繁殖によるもので、見た目だけではなく賢さや能力も考慮している為
問題行動を起こしにくい繁殖を行って居る事です。

上記2点だけでも、大きく違います。

ドイツ等のペット先進国は
知識がある飼い主と健康と能力を伴った犬

日本は
知識が薄い飼い主と先天性疾患や営利目的繁殖の犬

それぞれのペアで生活をすれば、迷惑掛ける差が見えてきます。

そして、殺処分のドイツや公共機関を人間と同じように使える国は
犬嫌いが少ない訳ですから、トラブルになった場合も
何がいけなくて何が正しいか判断出来る人間が多い訳です。
犬と暮らす環境からしても、日本は「他所に迷惑をかけずに犬と暮らす」のが
難しい国な訳です。

それでも、犬と暮らすなら「迷惑をかねないように」と言う事は
常に頭に入れておかなくてはなりません。

迷惑をかけない犬になって初めて、犬に興味がない人間も少し「家族の一員」として
認め始めます。

そこから本当の意味で「人に愛される犬」になるのではないでしょうか?

犬の健康と他人への迷惑って繋がらないように思いますよね?(笑)

大切な愛犬と幸せに暮らす為には「迷惑にならない犬」と「健康で長生きな犬」は
必ずセットで作って入って頂きたいです。

そして、状況や場合によっては、「迷惑にならない犬」と「健康で長生きな犬」の
どちらかを優先しなくてはならない場合があります。
その時に、犬と暮らす責任の下「迷惑にならない犬」を優先しなくてはならい場合は
多いのです。

例として、ドッグランをよく使う飼い主さんと犬が居ます。
犬はあっちこっちにマーキングしまくり、手当たり次第に他の犬にマウントしまくっています。
そんな犬を横目に微笑みながら「うちは、本来あるべき臓器を取るような避妊去勢手術はしないんです」
なんて会話を聞くと、個人的には倒れそうになります。

避妊去勢の細かい、良し悪しは後から話すとして
迷惑を掛けている事に気がつかない、自分の犬をコントロール出来ない事が恥ずかしくない
そして、出来ないなりに解決しようとする気がないの三重苦ですσ(^_^;)
避妊去勢が嫌なら早急にしっかりした訓練をし、訓練が追いつかないら避妊去勢を頭に入れるべきででしょう。

犬と暮らす中で選択肢がある場合、それを確実に決めれる飼い主と犬というのは
しっかり躾け訓練の入った犬が最優先されるべきでだと個人的には思うのです。
関連記事

| 未分類 | 18:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。